イラン | KURAGE online

イラン | KURAGE online

「 2021年02月22日 」 の情報 

バイデン政権下で変化する中東相関図とリスク

イランはイスラエルの隣国であるシリアやレバノン、イラクなどで影響力を高めており、代理戦争的な空爆や衝突がさらに増える可能性もある。最近

査察継続も全容把握困難に イラン、IAEAと暫定合意

2021/2/22  

その間に米国が制裁を解除すればIAEAに映像を提供し、解除されなければ破棄するという。 トランプ前米政権が2018年に一方的にイラン核合意から

イラン 20%濃縮ウラン生産…IAEA報告 17.6キロ 核開発を継続

イラン 20%濃縮ウラン生産…IAEA報告 17.6キロ 核開発を継続. 2021/02/24 15:00. [読者会員限定]

【トルコ主要各紙の目玉ニュース】 2021年2月22日

2021/2/22  

ハベルトゥルク紙 「エルドアン大統領:アメリカは対イラン制裁をやめるべき」 サバフ紙 「アルトゥン大統領府通信局局長:PKKの虐殺を忘れ

「まっぴらごめん」爆笑問題・太田もフォローした小山ティナ“激毒舌”の反響

2021/2/22  

小山は日本イランの両親を持ち、モデル、タレント、DJとして活躍。TikTokのフォロワー数は41万を超える気ぶりだ。 番組では、女性蔑視

200日線を再び上抜け、ドル続伸期待も(2/22夕)

2021/2/22  

その後、イラン政府から正式に「査察受け入れ停止」の発表が観測されたが、グロッシ氏の熱意が伝わったのか、最終的には同氏から「最大3ヵ月の査察

米へのパイプ役となれるか~イラン、ミャンマーに独自の関係を持つ菅政権に問われる外交力

新行)復帰ということでは、イランの核合意もですよね。 ミャンマーの与党、国民民主連盟(NLD)を率いるアウン・サン・スー・チー国家顧問(

米高官「イランと連絡開始」 拘束者解放めぐり

2021/2/22  

イランに対して対話のシグナルを送ったものだ。 サリバン氏は米国の拘束について「不正かつ非合法な拘束であり道的悲劇だ」と批判した。「我々

核合意めぐるIAEAとイラン協議 査察停止後も“3か月の猶予”

イランは、アメリカによる経済制裁が解除されないことなどを理由に、23日からIAEAによる抜き打ち査察の受け入れを停止すると発表してい

バイデン米大統領、就任1か月 見えてきた国際協調路線

2021/2/22  

イランからミャンマー、気候変動といった課題に取り組む中、一貫して見せている側面がある──同盟国や友好国と堅固な関係性を築こうとする姿勢

Copyright© イラン | KURAGE online , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.