【速報】イラン 情報局 | 最新情報 口コミ情報

イラン 情報局では、「イラン」のキーワードに関する情報をキャッチし、キーワードをタグ付け整理し、アーカイブします。

*

「 関係 」 一覧

no image

「安倍4選の機は近づいた」池上彰と佐藤優がコロナ禍の権力延命を指摘

池上:実は以前、オバマ大統領が2期目を目指す時に、イランとの関係が非常に悪化しました。その時、オバマ大統領はイラン核合意というのに持っていこうとする …

no image

ベネズエラとイラン、「反米」で接近 ガソリン大量取引、制裁にあえぎ結束

米国の経済制裁を受け、苦境に立つ石油大国の南米ベネズエラと中東のイランが関係を深めている。イランは5月下旬~6月初旬、燃料不足にあえぐベネズエラに …

no image

米国がシリアに対する新たな制裁法「カイザー法」を発動、その内容、そして影響は?

だが、ロシアイランは、カイザー法の制定、そして発動に当初から反発しており、今回の措置が両国とシリアの関係に影響を及ぼすことはないと考えられる。

no image

米、イラク駐留軍の削減を継続へ 戦略対話で確認

1月には米軍がイラク国内イラン革命防衛隊のソレイマニ司令官を殺害したことがきっかけで、イラクを主な舞台に、米とイランの関係が一触即発の危機に陥った。

no image

イスラエルで新政権発足 ネタニヤフ氏が通算5期目

新政権もトランプ米政権との良好な関係を堅持し、敵対するイランや親イラン勢力への圧力を強化する方針に変更はない。 17日、イスラエル国会で演説する …

no image

ロシアとの石油戦争に…自滅に向かいかねないサウジの行方

米国トランプ政権がイランとの緊張を高め、トルコとの関係がぎくしゃくする中で中東地域におけるロシアの影響力拡大を印象づけた。 ロシアがOPECと協調し、「 …

no image

イラン国会選挙、強硬派台頭か 21日投票、穏健派は退潮

【テヘラン共同】米国と敵対し、核問題を巡り欧州との関係も冷え込んでいるイランの国会選挙(一院制、定数290、任期4年)の投票が21日に迫った。国際協調に …

no image

モンゴル支配期イランの王権と知識人——文書、碑刻、書簡から

モンゴルがユーラシアに覇権を築いた14世紀、イランでは文人、官僚、学者、スーフィーなどの知識人たちが支配層であるモンゴルと様々な形で関係を結んでいた …

no image

【社説】米大統領一般教書 実績誇示と批判が過ぎる

イラン核合意からの離脱後、米軍は関与拡大を余儀なくされ、撤収に向けたアフガニスタン和平協議も進展がみられない。同盟国との関係にも暗雲が漂っている。

no image

派遣情報収集活動水上部隊出国行事等

我が国は、米国と同盟関係にあり、同時にイランを含む中東各国と長年良好な関係を築いてきています。私自身、先般中東各国を訪問し、自衛隊の派遣を完全に …

no image

レバノンでディアブ新政権発足 経済改革など課題に

ディアブ氏はスンニ派だが、イランの支援を受けるシーア派の武装組織ヒズボラに近いという。キリスト教徒のアウン大統領もイランと良好な関係にある。レバノンで …

no image

イラン、保守強硬派が勢力伸長か 国会選挙まで1カ月

【テヘラン共同】米国と敵対し、核問題を巡り欧州との関係も冷却化しているイランの国会選挙(定数290)まで21日で1カ月。国際協調に重きを置くロウハニ政権を …

no image

コラム:サウジ、原発建設で迫り来る「苦渋の選択」

サウジのプロジェクトを最初から最後まで一貫して手掛けることを望んでいる。ロシアイランやカタールなどサウジと敵対する中東諸国と良好な関係にあるが、 …

no image

イランの緊張 東南アにも余波 ジェームズ・チン氏

米軍が3日、イラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のソレイマニ司令官を殺害したことを受けイラン世界的なネットワーク、特にイスラム世界との関係に注目が …

no image

『米国VSイランの火種 トランプの次の一手は 安倍外交と自衛隊派遣』【前編】

米国VSイランの火種 トランプの次の一手は 安倍外交と自衛隊派遣』【前編】 … 中東へのエネルギー依存が高く、イランとは良好な関係にある日本はどんな役割を …

no image

『米国VSイランの火種 トランプの次の一手は 安倍外交と自衛隊派遣』【後編】

米国VSイランの火種 トランプの次の一手は 安倍外交と自衛隊派遣』【後編】 … 中東へのエネルギー依存が高く、イランとは良好な関係にある日本はどんな役割を …

no image

中東危機、日本は仲介役になれるのか? 自衛隊派遣の前にやるべきはアメリカの説得では

イランをけん制するため、ホルムズ海峡に艦を派遣する有志連合に参加するようアメリカから要請を受けた日本。イランとの関係に配慮する日本は、これには …

no image

プロレス的

トランプ大統領の表明から、全面衝突が回避されたアメリカイランの関係について解説 … 安倍総理が中東歴訪実施へ~アメリカイランが全面衝突回避と判断.

no image

なぜトランプ大統領はイラン攻撃の手を緩めたのか

米軍が1月3日にイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官を殺害して以来、緊迫していたアメリカイランの関係だが、本格的な衝突は一旦回避されようとしている。

no image

イランは戦闘態勢から引く様子」とトランプ氏 追加制裁の方針示す

ドナルド・トランプ米大統領は8日午前11時半(日本時間9日午前1時半)、緊張が高まるイランとの関係についてホワイトハウスで記者団を前に声明を読み上げ、「 …