【速報】イラン 情報局 | 最新情報 口コミ情報

イラン 情報局では、「イラン」のキーワードに関する情報をキャッチし、キーワードをタグ付け整理し、アーカイブします。

*

「 状況 」 一覧

no image

IAEA、イランに核査察受け入れ要請決議

イランは「法的な根拠がない」としたうえで、「決議を断固として非難する」との声明を発表。決議に応じるかは不透明な状況です。 イラン核合意は、アメリカの一方的な …

no image

【緊急レポート】中東における新型コロナウィルス感染の拡大とその影響

イランの古都・イスファファンのイマームモスク【撮影/AIC】. 日本にいるとほとんど情報が入って来ない、中東諸国での新型コロナウイルス感染拡大の状況を、 …

no image

ロウハーニー・イラン大統領 「アメリカはイラン人8300万人の健康を人質に取った」

欧州連合(EU)諸国及びフィンランドがアメリカの対イラン制裁を非難することを求めたロウハーニー大統領は、. 「アメリカは新型コロナウイルスの状況でイランの …

no image

見通せぬイエメン内戦終結 南部勢力の自治宣言で三つどもえの争いへ

イランの脅威が弱まったとの判断に基づくとされるが、サウジにとっては外交・国防での「逆風」が続く状況だ。国連は新型コロナ対策の一環として即時停戦を …

no image

ポンペオ米国務長官がイスラエル訪問、ネタニヤフ首相と共同記者会見

イランはこの感染症の際にアーヤトッラー体制の財源をテロを奨励するために使用している。この状況は国(イラン)を統治している者らの精神に関して数多くのこと …

no image

イラン、新型コロナウイルス感染のない地域のモスクを再開へ

イランのロウハニ大統領は26日、国内で新型コロナウイルス感染が見られない状況が継続している一部地域について、モスク(イスラム教礼拝所)の再開を計画し …

no image

イラン、新型コロナ感染ない地域のモスクを再開へ

イランのロウハニ大統領は4月26日、国内で新型コロナウイルス感染が見られない状況が継続している一部地域について、モスク(イスラム教礼拝所)の再開を …

no image

報道自由度、日本66位 世界で情報規制強まる―国際団体

同じく被害が深刻なイランも、感染拡大の状況を報じた記者が当局に身柄を拘束されるなどしており、昨年の170位から173位に落ちた。上位4カ国を北欧諸国が …

no image

ソウル・テヘラン市長がテレビ会議 新型コロナ対応へ協力協議

イランが制裁を受けている状況を理解するだけにソウル市が助けられるよう努力する」と応じたという。 ハナチー市長はテレビ会議後、ツイッターに「世界的な危機は …

no image

米情報当局、新型コロナ巡り中国・北朝鮮・ロシアの実態把握に苦戦

2人の関係筋によると、イランについても新型コロナ感染の全容を把握するのは困難な状況だ。ただ、支配階級および一般市民の感染例や死者に関する情報は …

no image

楽観許さぬ東京五輪の開催、今は最悪を想定し準備を

感染者がイランは9000人を、韓国は7000人を超えており、先行きを楽観するわけにはいかない。 このような状況は世界経済に深刻な影響を及ぼしている。世界で …

no image

隔離措置違反なら禁錮5年も 新型コロナでロシア首都

モスクワ市は中国イラン、イタリアなどから帰国した市民に対し、14日間自宅などに待機するよう要請。隔離期間中の状況は監視カメラで確認する。違反者には …

no image

新型コロナ拡大するイラン、中国への感謝の声も―中国メディア

記事は、イランでは今月21日に新年を迎えるが、現在、新型ウイルス感染がなおも拡大している状況だと紹介。中国での感染が急増し始めたころから、イランの …

no image

新型肺炎 WHO危険性引き上げ パンデミックは否定

WHOのテドロス事務局長は、この数日でイタリアやイランから各国に広がり、新たに感染者が見つかった国が増加している状況を憂慮して引き上げに踏み切った …

no image

コロナウイルスの蔓延?(イラン

先ほどはイランの宗教都市コム等におけるコロナウイルス感染について報告しましたが、話がヒステリックになったのか、当局が蔓延の状況を隠しているのか、 …

no image

ソレイマニ司令官殺害が憲法改正に与える影響

  2020/02/10    未分類 , , , , , ,

なお、この現実論の先には、現在のイランがどのような状況にあるのか、またイスラム教が平和な宗教かどうかという最近の議論に触れる必要も出てくるが、 …

no image

社説:米大統領一般教書 独断専行が依然顕著だ

革命防衛隊精鋭部隊の司令官を突然殺害したことで、イランからミサイル攻撃による報復を受け、危機的状況に陥った。だが一般教書演説では、殺害の正当性を …

no image

トランプによって、中東の「作られた緊張」は11月まで続く可能性も!? 有事の投資法はどうするか

米国イランの対立をきっかけに、金や原油価格が急騰している。一時の狂乱的な買い漁りは収まったかに見えるが、今後も中東情勢は予断を許さない状況だ。

no image

“歌舞伎”と評された米国とイランの軍事「衝突」から日本が学ぶべきこと|いま気になること

開戦間近と言われた米国イランの軍事衝突は、早い段階で沈静化した。状況は昨年秋以前の小康状態に戻った。だがそれは予想されてしかるべきことでもあっ …

no image

【買い】石川製作所(6208)日経平均の急落で地政学リスクの高まりを警戒し買い注目!=フィデリア藤崎

前提として、トランプは、中東問題の、イラン、シリア問題から手を引こうと、シリアから米軍を撤退させており、ロシアとトルコ、イランが介入しやすい状況になって …