【速報】イラン 情報局 | 最新情報 口コミ情報

イラン 情報局では、「イラン」のキーワードに関する情報をキャッチし、キーワードをタグ付け整理し、アーカイブします。

*

「 方針 」 一覧

no image

独仏など入国拒否へ、渡航中止勧告「特別扱いない」=茂木外相

… の感染拡大を受けて感染症危険情報を「レベル3」(渡航中止勧告)に引き上げた欧州の一部の国やイランについて、入国拒否の対象に加える方針を示した。

no image

欧州18カ国とイランから日本「入国拒否」へ

日本政府は感染者が急拡大しているヨーロッパの18カ国とイランについて、新たに「入国拒否」の措置を取る方針を固めました。 政府はすでにヨーロッパのほぼ …

no image

手術用医療品も寡少傾向に

世界で三番目に感染者の多いイランに、 日本政府は25億円の医療支援を行う方針とのニュースがありました。 その一方で、地元の医師の切実な要望として、 …

no image

イベント自粛、10日程度延長を 安倍首相、新型コロナ対策で方針

… を継続するよう求める方針を表明した。<下へ続く>. 首相はまた、感染が拡大しているイタリア、イランの一部地域を入国拒否の対象に追加する意向も示した。

no image

中国、新型コロナウイルスを制圧? 湖北省、新たな感染者は武漢除きゼロに

北京市は、韓国・日本・イラン・イタリアからの渡航者全員に14日間の隔離措置を義務づける方針を示している。上海市も「比較ウイルス感染が深刻な」国を最近 …

no image

トランプ氏、情報機関トップに腹心、忠誠求め、反対者を排除

グレネル氏はトランプ氏に忠実に従い、イラン核合意の維持を目指すドイツ政府の方針を批判するなど、内政干渉と受け取られかねない言動で物議を醸した。

no image

中東派遣、「カードを間違えた韓国」と「5倍のカネを背負う日本」

韓国政府は21日、中東のオマーン湾やペルシャ湾に韓国海軍を派遣する方針について明らかにした。日本政府はすでに昨年12月、同様に海上自衛隊の派遣を …

no image

航空機撃墜、イランが認めた理由 隠ぺい不可能と判断か

イランの軍部は当初、ミサイルによる撃墜の事実を隠し通す方針だった。しかしネット上で墜落現場での地対空ミサイルの部品など画像が出回り、隠蔽(いんぺい) …

no image

トランプ大統領 9日午前1時から声明発表 イランの攻撃受けて

  2020/01/08    未分類 , , , , , , ,

イラクに駐留するアメリカ軍の拠点がイランから攻撃されたことを受けて、イランへの反撃の有無や今後の方針にどのように言及するかに重大な関心が集まってい …

no image

安倍首相の中東訪問中止に批判噴出「逃げるなら自衛隊派遣も見直せ」 米イラン衝突で混迷する日本外交

政府は8日、イランがイラク国内の米軍駐留基地をミサイル攻撃したことを受け、今月中旬に予定していた安倍晋三首相の中東歴訪を見送る方針を固めた。

no image

安倍首相、自衛隊派遣に理解求める イラン大統領、19年ぶり来日

安倍晋三首相は20日夕、イランのロウハニ大統領と首相官邸で会談した。首相は27日に閣議決定する方針の中東への自衛隊派遣計画について説明し、理解を …

no image

韓国政府、来年2月ホルムズ海峡に清海部隊を派兵(2)

軍当局は清海部隊第31陣に海上作戦ヘリコプターを既存の1機から2機に増やす方針も検討中だ。軍関係者は「イラン海軍が北朝鮮から輸入したヨノ型潜水艇を …

no image

米、イラン大統領の訪日を警戒 政府に慎重対応要請へ

ワシントン共同】トランプ米政権は、年内にも実現する可能性のあるイランのロウハニ大統領の訪日を警戒し、日本政府に慎重な対応を求める方針を固めた。

no image

米、イラン大統領訪日で日本に慎重対応促す

ワシントン共同】トランプ米政権は、年内にも実現する可能性のあるイランのロウハニ大統領訪日の際、日本政府に慎重な対応を求める方針を固めた。日本が融和 …

no image

核査察一部停止を警告へ イラン、来月会合で欧州に

【テヘラン=共同】イラン政府が米欧と結んだ「核合意」逸脱の第五弾として、国際原子力機関(IAEA)による査察受け入れの一部停止を警告する方針であることが …

no image

イラン、核査察の一部停止警告へ 12月会合で欧州に通告

【テヘラン共同】イラン政府が米欧と結んだ「核合意」逸脱の第5弾として、国際原子力機関(IAEA)による査察受け入れの一部停止を警告する方針であることが27 …

no image

IAEAの次期事務局長にグロッシ氏、アルゼンチン大使

グロッシ氏は核物質の保有国が軍事に転用しないように点検する「保障措置」の重要性を強調し、イランへの査察は引き続き厳格に実施する方針を示している。