【速報】イラン 情報局 | 最新情報 口コミ情報

イラン 情報局では、「イラン」のキーワードに関する情報をキャッチし、キーワードをタグ付け整理し、アーカイブします。

*

「 報復 」 一覧

no image

サウジ首都に弾道ミサイル 隣国イエメンの反政府勢力が発射か

サウジアラビア側は、イランが支援するイエメンの反政府勢力が発射したものだと強く反発し、報復の連鎖による緊張の高まりが懸念されます。 続きを読む.

no image

米軍駐留基地に再び攻撃 親イラン民兵報復か―イラク

翌12日には報復として同組織の武器貯蔵庫5カ所を空爆し、イラク兵ら6人が死亡した。今回もイランと親密なイスラム教シーア派民兵による犯行の可能性が高く、 …

no image

米軍、イラクで報復空爆 親イラン組織の5拠点

ワシントン共同】米国防総省は12日、イラクで米国人ら3人が死亡したロケット弾攻撃への報復として、イラク全土で親イランの民兵組織「神の党旅団(カタイブ・ …

no image

イランが支援する武装組織に報復攻撃 再び緊張の高まり懸念

… ロケット弾による攻撃を受け、3人が死亡したことへの報復として、イラク国内にある、イランが支援する武装組織の拠点5か所を空爆したことを明らかにしました。

no image

米国がイラクで報復攻撃実施、11日の米英軍への攻撃受け=米関係筋

ただ、米国防総省は先に、11日の攻撃はイランの支援を受ける武装勢力の犯行との見方を示した。 当局者の1人は、ロケット弾攻撃への相応の報復になると述べ …

no image

米駐留基地に攻撃、3人死亡 親イラン民兵か―イラク

イラクでは、1月初旬にイランのソレイマニ革命防衛隊司令官が米軍に殺害された後、米国への報復とみられる攻撃が続発。いずれも犯行声明は出ていないが、 …

no image

イラン革命防衛隊の元司令官 “支援勢力の報復” を警告

アメリカによる司令官殺害に対する報復として、イランがアメリカ軍の拠点を攻撃してから、8日で1か月となります。イラン革命防衛隊の元司令官は、NHKの …

no image

社説:米大統領一般教書 独断専行が依然顕著だ

革命防衛隊精鋭部隊の司令官を突然殺害したことで、イランからミサイル攻撃による報復を受け、危機的状況に陥った。だが一般教書演説では、殺害の正当性を …

no image

エネルギー市場揺るがす中東・中国 小山堅氏

イランは報復を叫び、軍事衝突の懸念が高まる中、イランはイラクの米軍基地を弾道ミサイルで攻撃した。世界は米国の次の一手を固唾をのんで見守ったが.

no image

エネルギー市場揺さぶる中東・中国

年明け早々、米国イラン革命防衛隊のソレイマニ司令官をテロ防止の名目で殺害、米国イランの緊張が一気に高まった。 イランは報復を叫び、軍事衝突の …

no image

トランプ大統領流「場当たり外交」の功罪 高まる「予測不能性」

2020年1月3日、米軍の無人機がイラクのバグダッド国際空港を攻撃し、イラン革命防衛隊コッズ部隊のソレイマニ司令官を殺害した。お互いが「報復」を口にし、 …

no image

海洋立国の行動支える法整備を 東海大学教授・山田吉彦

中東情勢は混迷を深めている。米国によるイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官の殺害に対し、イランは報復を宣言。1月8日、イラクにある米軍基地に対し …

no image

米大使館付近にロケット弾 イラク首都、けが人なし

イラクでは、米国によるイラン革命防衛隊の精鋭部隊のソレイマニ司令官殺害を受け、親イラン勢力が報復を示唆。今回、誰が撃ったかは不明。バグダッドでは …

no image

東西南北

米国イランの軍司令官を殺害し、イランが米軍駐留のイラク基地を報復攻撃した。ともに「戦争は望まない」としているが、今後も予断を許さない。世界レベルの …

no image

イランがタリバンへの支援強化

米政府当局者は、イランが、米軍による精鋭コッズ部隊のソレイマニ司令官殺害への報復として、アフガニスタンの反政府組織タリバンへの支援を強化している …

no image

最高指導者の演説で一変? 再び“反米”機運へ

先月、司令官が殺害されたイランの精鋭部隊「革命防衛隊」に新しい司令官が就任して「敵を男らしい方法で撃つ」などとアメリカへの報復を示唆しました。

no image

イランに徹底抗戦を思いとどまらせる国内の特殊事情

沈静化した最大の要因は、ミサイルによる報復に際してイランが事前にイラク側に情報を伝えたことにあろう。それは米軍の人的損害を避けるためだったとされる。

no image

中東情勢の影響必至!「ガソリン超節約」運転術

発端はアメリカがトランプ大統領の命令で、イランの革命防衛隊コッズ部隊のカセム・ソレイマニ司令官を殺害したことです。その報復として、イランは多くの米兵が …

no image

(上)強固な同盟守り抜けるか

安倍晋三首相は11日、海上自衛隊の中東派遣の意義をこう強調した。3日前にはイランが米軍によるイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官殺害に対する「報復」 …

no image

【フラット35】2020年2月の金利予想、中東情勢と金利動向はどうなる?

年明けには米国によるイラン司令官殺害、そしてイランからのミサイル攻撃による報復と立て続けに事態が急変し、一時は一触即発の状態にまでなりかけました …