【速報】イラン 情報局 | 最新情報 口コミ情報

イラン 情報局では、「イラン」のキーワードに関する情報をキャッチし、キーワードをタグ付け整理し、アーカイブします。

*

「 イラン革命防衛隊 」 一覧

no image

在韓米軍のアパッチ、また中東へ?…尋常でない太平洋訓練

イラン革命防衛隊の高速短艇が先月15日、ガルフ海域で米軍海軍戦闘艦10メートルの距離まで接近すると、トランプ米大統領が「イラン艦を撃沈すべき」と指示した …

no image

イラン、同国初の軍事衛星を打ち上げ – 衛星打ち上げは通算5機目

イラン革命防衛隊は2020年4月22日、同国初となる軍事衛星「ヌール(Nour)」の打ち上げに成功したと発表した。米国も衛星が軌道に乗ったことを確認し、成功が …

no image

米軍艦がペルシャ湾でイランの安全脅かせば撃沈=革命防衛隊司令官

[ドバイ 23日 ロイター] – イラン革命防衛隊のサラミ司令官は23日、ペルシャ湾で米国の軍艦がイランの安全保障を脅かすようなことがあれば、米軍艦を破壊すると …

no image

イラン革命防衛隊 アメリカ艦船に異常接近

アメリカ海軍は2020年4月15日(現地時間)、アラビア湾の公海上においてイラン革命防衛隊の小型舶が、アメリカ海軍とアメリカ沿岸警備隊の艦に対し、 …

no image

イラン革命防衛隊、米艦船に接近

ワシントン=中村亮】米海軍の第5艦隊は15日、イラン革命防衛隊の艦が中東のペルシャ湾内で複数の米艦に異常接近したとツイッターで明らかにした。

no image

イラン艦船が米艦に異常接近

ワシントン共同】米海軍は15日、イラン革命防衛隊の艦が同日、ペルシャ湾の公海上を航行中の米艦に約9メートルの距離まで異常接近するなど、繰り返し …

no image

【社説】コロナ禍のイラン、制裁解除は無用

25日、新型コロナウイルス対策としてテヘランで消毒作業をするイラン革命防衛隊の隊員. Photo: Rouzbeh Fouladi/Zuma Press. By. The Editorial Board.

no image

イラン核爆弾に3、4カ月説も、イラク、米軍と民兵の緊張激化

イラク駐留米軍とイラン支援のシーア派民兵組織との対立はイラン革命防衛隊「コッズ」のソレイマニ司令官が1月初め、米国に暗殺されてから続いてきた。

no image

イラン司令官殺害は「戦争の霧」という「大統領選」の「闇」 – 杉田弘毅

1月3日のイラン革命防衛隊のガセム・ソレイマニ司令官殺害攻撃は、米国イランが戦争に突入するのではないか、と世界を震撼させたことは記憶に新しい。

no image

エマニュエル・トッドが“新たな予言”「イランは民主化し、サウジは崩壊する」

今年は年初から“第三次世界大戦の勃発か!?”と、波乱の幕開けとなった。1月3日、米軍がイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官を殺害し、「イランの報復次第では …

no image

イラン革命防衛隊 海自艦艇を追尾か

海上自衛隊の掃海母艦「ぶんご」と掃海艇「たかしま」が昨年10月、中東海域でイラン革命防衛隊とみられるから追尾されていたことを、防衛省が隠ぺいしてい …

no image

【緊迫する世界】トランプ氏、弾劾裁判は乗り切ったが… 新型肺炎は「諸刃の剣」米国といえど逃れることは …

年明け早々、米国に「ブラックスワン」(黒い白鳥=めったに起こらないが、壊滅的被害をもたらす事象のこと)が立て続けに2羽飛来した。「イラン革命防衛隊の …

no image

焦点:米国のイラン司令官殺害、イラクに残した「不穏な空白」

イラン革命防衛隊の将軍の死によって、彼を崇拝していた親イランのシーア派民兵組織に対する明敏な指南役が不在となり、イラクの不安定な政界に、新たに不穏 …

no image

原油価格はどこまで下落するのか

1月3日に、米国はイラクの首都バグダッドで行った空爆で、イラン革命防衛隊の精鋭部隊「コッズ部隊」のガセム・ソレイマニ司令官を殺害した。これに対しイランが …

no image

【緊迫する世界】トランプ大統領のクビに懸賞金! 米、イラン司令官殺害で長い“非対称戦”に突入か

米軍によるイラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のガーセム・ソレイマニ司令官の殺害は、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長への警告にも …

no image

イラン革命防衛隊の元司令官 “支援勢力の報復” を警告

アメリカによる司令官殺害に対する報復として、イランアメリカ軍の拠点を攻撃してから、8日で1か月となります。イラン革命防衛隊の元司令官は、NHKの …

no image

(日曜に想う)卵を積み上げた世界、時計は叫ぶ 編集委員・福島申二

ウクライナの旅客機を誤射したイラン革命防衛隊の悔恨ではない。 1960年2月、ちょうど60年前に日本で公開された米映画「渚(なぎさ)にて」のセリフである。

no image

エネルギー市場揺さぶる中東・中国

年明け早々、米国イラン革命防衛隊のソレイマニ司令官をテロ防止の名目で殺害、米国イランの緊張が一気に高まった。 イランは報復を叫び、軍事衝突の …

no image

【緊迫する世界】弾劾裁判生き延び…トランプ氏“再選”へ共和党の団結強化 民主党候補者は4氏が接戦

米軍は年明け早々、イラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のガーセム・ソレイマニ司令官を殺害した。「米国イランが戦争に突入するのではないか」と世界中を …

no image

経済・安保で実績アピール

また、イラン革命防衛隊の有力な司令官の殺害を指示したことや、メキシコ国境に壁を作ったことで不法移民が減り犯罪が減少したことなども、自らの成果だと …