イラン | KURAGE online

イラン | KURAGE online

「 経済制裁 」 の情報 

核合意めぐるIAEAとイラン協議 査察停止後も“3か月の猶予”

イランは、アメリカによる経済制裁が解除されないことなどを理由に、23日からIAEAによる抜き打ち査察の受け入れを停止すると発表してい

核施設の抜き打ち査察、イランが受け入れ停止をIAEAに通知…米新政権への揺さぶりか

バイデン大統領は、イランが核開発を抑制しない限り、経済制裁を解除しないと明言。イランの最高指導者アリ・ハメネイ師は「制裁解除が先だ」と

イラン、金属ウランを製造

金属ウラン製造は新たな核合意違反に当たる。バイデン米政権に経済制裁の解除を迫る圧力とみられる。 イランのザリフ外相は、バイデン政権が今月21

イラン側“米がまず経済制裁を解除すべき”

イランの核合意をめぐっては、アメリカのトランプ前政権が一方的に離脱、経済制裁を強化したのに対し、イラン側も高濃縮ウランを生産するなど、

イラン核合意の復活にはまず米国が行動を-最高指導者ハメネイ師

イランの最高指導者ハメネイ師は核開発の縮小と核合意の完全履行復帰に同国が同意する前に、米国がまず経済制裁を実質的に解除しなければ

イランの核合意履行、米制裁解除が条件 「最終的」立場とハメネイ師

ドバイ/ワシントン 7日 ロイター] - イランの最高指導者ハメネイ師は7日、米政府が経済制裁を解除した場合に限りイランは2015年核合意の

ブリンケン国務長官が初会見 イラン核合意の早期復帰には慎重姿勢

だがトランプ前政権は18年に離脱し、イラン産原油禁輸などの経済制裁を発動。反発したイランはウラン濃縮度の上限超過など合意からの逸脱行為を

トランプ流単独制裁に「限界論」 バイデン政権は同盟国との集団制裁模索か

トランプ米前政権が中国イランなどに圧力をかけるため多用した経済制裁について、バイデン政権も対外政策を実現する強力な武器として重視する

イランの対米強硬姿勢で情勢悪化、日本経済への影響懸念も

2015年のイラン核合意で決定された濃縮度の上限は3.67パーセントだが、イランはトランプ政権による度重なる経済制裁に反発し、2019年以降これまで

タンカー拿捕のイランを訪問、厳重抗議 韓国外務省高官

また、韓国国内の銀行にあるイランの資産をめぐりイラン側は、「韓国アメリカの経済制裁を理由に不当に凍結している」と批判。 崔氏は「資産を

Copyright© イラン | KURAGE online , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.