イラン | KURAGE online

イラン | KURAGE online

「 米軍 」 の情報 

イラクでロケット弾攻撃、米国人に負傷者

イランとの緊張が高まることを避けるためだ。「イランは武装勢力を通じた米軍への攻撃でバイデン政権に圧力をかけ、イラン核合意をめぐる交渉で

バイデン政権誕生で日本への影響は 中国、北朝鮮でリスク増?石油の安定には潜在的な驚異が…

トランプ政権の4年間では、米イランの緊張が大きな懸念材料だった。去年初め、イラクで米軍がイラン革命防衛隊の司令官を殺害したことで軍事的

トランプ大統領の4年間を採点 外交・経済への評価は?

また、対イランでは、欧米など6カ国とイランが結んだ核合意からの一方的離脱がイランの核兵器開発能力を向上させた。さらに、中東での米軍の

ソレイマーニー司令官暗殺から1年:「イランの民兵」を狙った爆撃・ミサイル攻撃が相次ぐシリア

イラン・イスラーム革命防衛隊のガーセム・ソレイマーニー司令官がイラクの首都バクダードで米軍によって暗殺されてから、1月3日でちょうど1年が

15歳のニュース NEWS・FILE weekly topics 12月25日~1月8日

イラン 司令官殺害から1年. 米軍がイラン革命防衛隊の精鋭部隊(せいえいぶたい)を率いていたソレイマニ司令官を暗殺してから

イラン、勢い増す強硬派 対欧米、対立か融和か―ソレイマニ司令官殺害1年

【カイロ時事】イラン精鋭の革命防衛隊で対外工作を率いたソレイマニ司令官が米軍の無機で殺害されてから3日で1年。イランでは、国際社会での

イラン司令官暗殺から1年 後任は米国への報復に言及

米軍によるイランの精鋭部隊司令官の暗殺事件から1年となるのを前に、首都テヘランで1日、政府による追悼式が開かれた。両国間の軍事的な緊張が

トランプ氏、休暇切り上げホワイトハウスに戻る

米軍がイラン革命防衛隊の有力司令官を殺害して3日で1年となるのを前に米イラン間の緊張が高まっており、関連を疑う見方もある。(共同)

トランプ氏、休暇切り上げ 1日早く、理由は明かさず

米軍がイラン革命防衛隊の有力司令官を殺害して3日で1年となるのを前に米イラン間の緊張が高まっており、関連を疑う見方もある。

米、中東に爆撃機・原潜を相次ぎ派遣 イラン警戒強化

米・イランの相互不信は根強く、偶発的衝突のリスクが高まりかねない。 米軍は30日、中西部ノースダコタ州の基地から戦略爆撃機B52を中東地域に

Copyright© イラン | KURAGE online , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.