KURAGE online | イラン の情報

KURAGE online | イラン の情報

「 爆発 」 の情報 

アメリカ大統領選挙とイランで続く不審な爆発――黒幕はイスラエルか? - 高橋和夫 / 中東研究

6月末、イランで不審な爆発と火災の連鎖が起こった。7月に入っても、この連鎖は続いている。『ニューヨーク・タイムズ』紙が、ある中東の国の

イラン首都圏の住居ビルで爆発、11人死傷 建物や車も被害

【9月12日 AFP】イランの首都テヘラン近郊で11日、住居ビルに入っているバッテリーの作業場の爆発があり、1が死亡、10が負傷した。建物や

イラン核合意順守せず IAEA査察、濃縮ウラン貯蔵量が上限超

新型ミサイル開発もナタンツ核施設の爆発は米イスラエル破壊工作説も. IAEAのグロッシ事務局長は8月24日から、就任以来初めてイランを訪問し、

レバノン復興に米・イラン対立が影 大規模爆発1カ月

【ベイルート=岐部秀光、イスタンブール=木寺もも子】首都ベイルートで起きた爆発から4日で1カ月を迎えたレバノンの復興に、米国イランの対立が

迫るサイバー戦争 インフラ破壊、軍事攻撃に匹敵

イランの軍の拠点やインフラ施設で原因不明の火災や爆発が立て続けに起きている。核関連施設でも火災が発生した。敵対するイスラエルによる

ナタンズ核施設での爆発は「破壊工作」 イラン原子力庁

【8月24日 AFP】イラン原子力庁は23日、中部ナタンズの核施設で7月に発生した爆発について、「破壊工作」によるものだったと発表した。

イラン主要施設、事故相次ぐ 火災や爆発、外国関与の臆測も

イラン国営通信などによると、六月下旬に首都テヘラン近郊で軍事施設が爆発して以降、中部ナタンズのウラン濃縮施設や工場、発電所などで火災や爆発があった

[社説]不可解なイランの爆発・火災

イランにある核関連施設や発電所などの重要施設で、原因不明の爆発・火災が相次いでいる。何者かによる破壊工作の可能性も浮上し、イラン当局者は「関与が

中東で相次ぐ不審な爆発 インフラ狙ったサイバー攻撃か イランとイスラエルにくすぶる関与の疑念

イラン中部ナタンツの核関連施設で7月2日未明、原因不明の爆発が発生した。爆発物を使ったテロ行為の可能性など、情報が錯綜(さくそう)する中、浮上しているの

イラン 爆発や火災が相次ぐ

【テヘラン共同】国営イラン通信によると、中部イスファハンの発電所で19日、爆発が起きた。発電所関係者... 記事全文を読む. 「イラン」をもっと詳しく.

Copyright© KURAGE online | イラン の情報 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.