イラン | KURAGE online

イラン | KURAGE online

「 合意 」 の情報 

中国・ロシアと極めて良好な関係=米欧はイラン核合意遵守し制裁解除を―駐日イラン大使が会見

イラン核合意は、核兵器開発を疑われていたイランと米英独仏中ロが2015年7月に結んだ合意。イランが高濃縮ウランや兵器級プルトニウムを15年間は

イラン、核施設などへの抜き打ち査察停止=欧米揺さぶり加速

IAEAとの合意で一定の監視活動は当面続く予定だが、今後はイランが申告していない核関連物質や核活動の検証作業が大幅に制限される見通しで、

米国務長官 イラン核合意を順守なら協議も

アメリカのブリンケン長官は、トランプ政権下でアメリカが離脱したイランとの核合意について、「イランが合意を厳格に順守するなら、アメリカ

ロウハーニー・イラン大統領、「核合意への復帰」論争に返答

合意から離脱した側は我々ではないのになぜ最初の一歩を踏み出さなければならないのか」と述べた。 イラン革命の42周年にちなんでテヘランにいる

核合意復帰、揺さぶり イラン「米に時間はない」

イランのザリフ外相は6日付の地元紙のインタビュー記事でこう指摘し、バイデン政権に対して速やかに合意復帰するよう促した。 ザリフ氏が指摘した

ロウハーニー・イラン大統領 「核合意の変更または新たな締約国の追加を容認しない」

核合意への復帰に向けてまずイランが合意にふさわしい措置を講じることを求めたアメリカ政権に対してロウハーニー大統領は、. 「法と国際規則に

ブリンケン国務長官が初会見 イラン核合意の早期復帰には慎重姿勢

だがトランプ前政権は18年に離脱し、イラン産原油禁輸などの経済制裁を発動。反発したイランはウラン濃縮度の上限超過など合意からの逸脱行為を

米国務長官 ウイグル族“中国政府がジェノサイド”と表明

また、トランプ前政権が離脱したイランとの核合意について「イランが合意を再び完全に順守すればアメリカも同じ行動をとる」とする一方で「

【バイデン新政権】ブリンケン国務長官が初の記者会見 中国による新疆での弾圧、新政権でも ...

同氏はさらに、イランが合意に復帰した場合、イランの弾道ミサイル開発や周辺国でのテロ支援を制限する追加合意の締結を目指す考えを明らかにした

EU主要国との関係改善伝達 米大統領、独首相と電話会談

両首脳は中国イランロシアなど共通の外交課題をめぐる連携で合意。地球温暖化対策、新型コロナウイルス対応、世界経済の回復などに関し、

Copyright© イラン | KURAGE online , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.