イラン | KURAGE online

イラン | KURAGE online

「 可能性 」 の情報 

“ウラン濃縮度60%可能性”発言に不快感

一方で、イランの最高指導者・ハメネイ師の「必要ならウラン濃縮度を60%まで引き上げる可能性がある」との発言については、「脅迫のように

バイデン政権下で変化する中東相関図とリスク

イランはイスラエルの隣国であるシリアやレバノン、イラクなどで影響力を高めており、代理戦争的な空爆や衝突がさらに増える可能性もある。最近

ブリンケン氏の国務長官指名、米上院が承認

また、ドナルド・トランプ前大統領の下で離脱したイラン核合意に復帰する可能性については、議会との協議を重視する考えを示した。 中国を巡っては

バイデン政権とイランの核取引に関するギラードエル段駐在のイスラエル大使

彼は外交的ブレークスルーを歓迎しており、トランプの他の動きを元に戻す可能性が低くなります。 しかし、彼は特にイランと関連して、イスラエルに

ペルシャ絨毯、株主優待券に儲けのヒントが!? コロナ禍の裏錬金術を先行公開

そこで出演者の辛坊治郎氏(64)が、政権交代でイランの経済制裁が解かれる可能性に触れ、. 「経済制裁が解除になって、ペルシャ絨毯がアメリカ

【独自】韓国船舶拿捕の懸念、青瓦台にも事前に報告されていた

イラン韓国籍の舶に危害を加える可能性とその動きを韓国政府は事前に把握し、関連する情報を青瓦台(韓国大統領府)に報告していたことが

米、B52爆撃機を中東に派遣 軍事力を誇示

イランについては、1年前に起きたイラン革命防衛隊「コッズ部隊」のソレイマニ司令官の殺害に対する米国への報復を模索する可能性も懸念されて

イスラエル、ミサイル迎撃実験に成功 米と協力

... は、レバノンのイスラム教シーア派民兵組織ヒズボラなどからの攻撃が念頭にあるとされ、ヒズボラを支援するイランが反発する可能性がある。

トランプ氏 イラン攻撃に触れ側近ら止める

アメリカの有力紙・ニューヨークタイムズは16日、トランプ大統領がイランの核関連施設への攻撃の可能性に触れ、側近らから止められていたと

トランプ氏、イランの核施設攻撃の可能性を考えていた=タイムズ紙

ドナルド・トランプ米大統領は11月12日、イランの主要な核施設に対し、今後数週間で「行動を起こす」可能性について上級顧問に尋ねていた。

Copyright© イラン | KURAGE online , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.