イラン | KURAGE online

イラン | KURAGE online

「 中東 」 の情報 

イラン、米が軍事力誇示 バイデン政権が初の空爆

ワシントン=中村亮】バイデン米大統領は25日、シリアで親イラン武装勢力に対する初の空爆に踏み切った。周辺国の武装勢力への支援を通じて中東で

バイデン氏、中東の緊張拡大警戒 イスラエル首相と電話

イランは核合意破りを続けており、イスラエルが単独で対抗措置を講じて中東の緊張が高まる事態を米国は警戒しているとみられる。 ホワイトハウス

【オピニオン】短かったバイデン政権の外交蜜月期

中東に目を向けると、イラン米国が2015年核合意に復帰することに熱意を示していない。そしてイスラエルと保守的なアラブ諸国はともに、米国

イランでワクチン接種開始 中東で死者最多

新型コロナウイルスの死者が中東で最も多いイランで9日、ロシアワクチン「スプートニクV」の接種が始まりました。

自らも2度感染、コロナ禍の実像伝え続ける写真家…病院120か所で命がけの撮影

イラン感染死者は5万8000を超え、中東で最多だ。指導部が米国ワクチンの輸入を禁じるなど、感染抑止は容易でない。 強権的な体制下では

米国のイラン担当特使にマレー氏、核合意復帰目指す

オバマ政権で中東や北アフリカを担当するホワイトハウスの調整官を務めた経歴がある。バイデン大統領が目指すイラン核合意への復帰に向け、交渉を

米上院、ブリンケン国務長官を承認 同盟再構築で重責

イランは核合意の義務履行を相次いで停止し中東の緊張を高めており、ブリンケン氏も指名公聴会で「核合意の交渉前に我々が直面した危機に戻る恐れ

バイデン大統領 米欧の関係強化、仏大統領に伝達

外交政策上の優先課題として中国、中東、ロシアなどを挙げ、イラン核問題の解決に向けて連携することも合意した。 バイデン氏はトランプ前政権の

米仏首脳が電話会談 バイデン氏、米欧関係の再活性化に意欲

一方で仏側の声明では中東の平和と安定のために共に行動する意欲を確認し、イラン核問題やレバノン情勢について触れつつも、中国ロシアへの

Copyright© イラン | KURAGE online , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.