イラン | KURAGE online

イラン | KURAGE online

「 バイデン氏 」 の情報 

バイデン米政権の対話重視のイエメン政策の危うさ指摘したWSJ

バイデン氏は、トランプ前政権のイエメン政策を転換し、イランが支援するシーア武装組織フーシ派のテロ組織指定を解除、内戦に介入する

米イスラエル首脳が電話、対イランで連携確認

イスラエルが反対するイラン核合意にバイデン政権は復帰する方針で、両国には溝がある。 一方、バイデン氏は17日の電話でトランプ政権が仲介した

米国務長官にブリンケン氏 上院承認、外交方針を転換へ

トランプ前政権によるイラン核合意離脱を受け、合意復帰も視野にイランなどとの交渉も担う。 ブリンケン氏はバイデン氏の最側近として知られる。

バイデン大統領 米欧の関係強化、仏大統領に伝達

外交政策上の優先課題として中国、中東、ロシアなどを挙げ、イラン核問題の解決に向けて連携することも合意した。 バイデン氏はトランプ前政権の

「4年間の汚点、除去に期待」 イラン大統領、バイデン政権を歓迎

トランプ氏は2018年にイラン核合意から離脱し、厳しい経済制裁をイランに科してきた。対するバイデン氏はイランが合意上の義務からの逸脱をやめれ

国務副長官にシャーマン氏浮上 イラン核合意で手腕―米新政権

シャーマン氏は2015年のイラン核合意をめぐる交渉を主導した。実際に指名され、上院で承認されればバイデン氏の目指す核合意復帰に取り組む

米次期政権下でのイラン核合意復活、新たな合意必要=IAEA

イランと米英仏独中露が2015年に結んだ核合意は、米国の一方的な離脱により崩壊の危機にあった。一方、バイデン氏は、イランが厳格に合意を

不穏な空気のイスラエル、サウジ、イラン…バイデン政権発足で高まる中東リスク

アラブの盟主であるサウジアラビアはバイデン氏を祝福するメッセージを送ったが、トランプ政権での経済や対イラン政策で構築された蜜月関係は

トランプ→バイデンへの政権移行で「新たな中東リスク」も

イランとの関係性は改善に向かうか. まず、バイデン氏はイラン核合意へ復帰するとみられている。今後どのようにイランとの関係が進展していく

【米中ウオッチ】来年8.2%成長、イラン取引制裁、バイデン氏に祝辞

【米中ウオッチ】来年8.2%成長、イラン取引制裁、バイデン氏に祝辞. Bloomberg News. 2020年11月26日 12:54 JST. 米中を巡る主なニュースは以下の

Copyright© イラン | KURAGE online , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.