イラン | KURAGE online

イラン | KURAGE online

「 トランプ米政権 」 の情報 

中東派遣、活動開始から1年 日本政府、米イラン関係見守る

一方、派遣はイランと緊張関係にあったトランプ米政権の呼び掛けが発端。バイデン新政権の方向性は今後の派遣の在り方に影響しそうだ。<下へ

米新政権、中東外交の行方は 「中立化しつつ深く関与」

米国第一」を掲げたトランプ米政権は、イランとの対立を深め、イスラエル寄りの姿勢を鮮明にし、中東に激動をもたらした。バイデン次期政権の

イランと欧州「核合意維持が重要」 米復帰に期待、なお曲折も

イランでは今月初め、核開発を拡大する法律が成立した。英仏独がトランプ米政権の

イラン核合意当事国、21日に閣僚級協議

トランプ米政権が離脱した核合意をめぐっては、バイデン次期政権はイランが合意の核開発制限を順守するとの条件付きで、復帰を模索している。一方

イランは「後戻りできない」 米国の圧力で強硬派躍進

テヘラン支局長・飯島健太. トランプ米政権によって「目の敵」とされてきたイラン。来年6月に大統領選を控える中、米国を強く批判し

大統領選へ動き本格化 保守強硬派優勢か―イラン

保守穏健派のロウハニ師は国際協調を志向し、核合意締結や制裁解除を成し遂げて一時は支持が上向いた。しかし、イランを敵視するトランプ米政権の

イスラエル、サウジとの関係改善に意欲 米の政策転換を警戒

イランの核開発を抑制するため同国と米英仏独ロ中の6カ国が2015年にまとめた合意から、トランプ米政権は一方的に離脱した。 イスラエルとサウジは

米がイランに新たな制裁、中国企業も近く対象か

トランプ米政権は26日、イラン石油省とイラン国営石油(NIOC)に加え、NIOCのタンカー運航子会社を対象に、対テロ関連の制裁を新たに発動した

米、イランの18銀行に独自制裁

ワシントン共同】トランプ米政権は8日、イランによるテロ活動や核開発の資金源を絶つため、同国の銀行1… もっと読む · creativeref.

パレスチナ問題に構造変化 背後でうごめくイラン包囲網vs反イスラエル・反米陣営

トランプ米政権やその後押しを受けるイスラエルが一部のアラブ諸国とともに「イラン包囲網」を構築しているのに対し、これに与しない勢力が、

Copyright© イラン | KURAGE online , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.