KURAGE online | イラン の情報

KURAGE online | イラン の情報

「 トランプ政権 」 の情報 

米国、イラン石油相を制裁対象に指定-選挙に先立ち圧力強める

トランプ政権は投票日を前にイランへの圧力を強めている。 原題: U.S. Sanctions Iran Oil Minister as Trump Ramps Up Pressure (1)(抜粋).

選挙直前、トランプ大統領が有利だと思う理由を語ろう

北朝鮮イランを含むトランプ政権のこれまでの対応について、バイデン候補は視聴者を見ながら「つけを支払うことになる」と繰り返しましたが、

米、イランの18銀行を制裁対象に指定…国際金融システムから排除

イランを国際金融システムから排除する狙いがある。トランプ政権は9月中旬、国連の対イラン制裁が復活したと一方的に宣言するなど、11月の

米、新たな対イラン独自制裁を発表…ベネズエラ大統領も対象に

トランプ政権は19日、イラン核合意に絡む国連安全保障理事会決議で定められた制裁復活手続きに基づき、対イラン武器禁輸措置を含むイランへの

トランプ政権、対イラン国連制裁復活を宣言-多くの国は認めず

イラン核合意から離脱した18年以降、同合意を損ねる取り組みを進めてきたトランプ政権はイラン制裁を強化し、同国と取引しないよう同盟国を

イラン国連制裁復活宣言 安保理の多くの国 無効という立場

トランプ政権はイランをめぐり5年前の核合意を受けて解除された国連の制裁を復活させたと宣言しました。一方、国連安全保障理事会の多くの国は

トランプ政権、「イラン」と「パレスチナ」両にらみで圧力

トランプ政権は、アラブ諸国にイランの脅威に対抗する必要性を一層浸透させる一方で、1月に発表した中東和平構想へのパレスチナの妥協を引き出す

オブライエン大統領補佐官、中国が米選挙にとって最大の脅威

われわれは中国ロシアイランに対して選挙への介入は責任を負うことになると非常に明確にしている」と述べた。 同補佐官は、トランプ政権が「

米、イラン原油輸出支援で中国企業など11社制裁対象

アメリカのトランプ政権は3日、イラン産の原油や石油化学製品の輸出を支援したなどとして、中国やUAE=アラブ首長国連邦などに拠点を

イラン核合意参加国 アメリカ主張の手続き認めず

アメリカのトランプ政権がイランに対して、核合意前の国連の制裁を復活させる手続きを始めたとしていることについて、核合意に参加する6か国が

Copyright© KURAGE online | イラン の情報 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.