イラン | KURAGE online

イラン | KURAGE online

「 サウジアラビア 」 の情報 

「第2のアラブの春」勃発の兆候…サウジアラビア孤立、揺らぐムハンマド皇太子支配

報告書はトランプ前政権下でまとめられていたが、サウジアラビアが米国製武器の大口受注先であり、イランと敵対する同盟国であることから、その

イエメン内戦、親イラン勢力が攻勢 米和平努力も戦闘激化

【カイロ時事】内戦下のイエメンで、親イランの武装組織フーシ派が攻勢に出ている。対立するハディ暫定政権を支えるサウジアラビアへの越境攻撃を

米バイデン政権 サウジアラビアとの関係を再調整へ

サウジアラビアとの間で深い関係を築いたトランプ前政権時代からの転換を示した形ですが、イランへの対応など利害が一致する分野もある中で、

東京原油1年ぶり高値 灯油や電気代が上昇も

... の投資家心理もつられて強くなり、買い注文が先行した。サウジアラビアとイランの間で軍事的緊張が改めて高まったとの外国報道も一因だった。

ツイッター、日本の政府高官にもラベル 対象国拡大

米短文投稿サイトのツイッターは11日、アカウントにラベルを付ける政府高官の対象国に日本やドイツ、イラン、サウジアラビアなど16カ国を

中露の「権威主義」に対抗 バイデン米大統領初の外交演説

一方で、イランの脅威にさらされるサウジアラビアに対する支援を継続する方針を示した。 ミャンマーで起きたクーデターも非難し、国軍に権力を

バイデン大統領 イエメン内戦への武器売却含む軍事支援停止へ

一方で「サウジアラビアはイランが関与した勢力によるミサイル攻撃などの脅威に直面している。われわれはサウジアラビアが主権と領土を守るための

サウジアラビアなどアラブ4カ国、カタールと国交回復【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】

サウジアラビアはカタールに対して、イランとの外交関係の縮小、トルコの軍事基地閉鎖、イスラム原理主義組織「ムスリム同胞団」への支援停止、

湾岸戦争から30年 中東のパワーバランスに大きな変化

アラブ諸国はイランへの防波堤を失い、いまではサウジアラビアがその役割を担おうとしている」と指摘しています。 自衛隊の国際貢献拡大の契機に.

カタールとの国境閉鎖を解除

... を発表しました 今 世界の注目を集めているのはイランです サウジアラビアのファイサル外相は 'イランの脅威に対抗するには湾岸諸国の連携が重要'

Copyright© イラン | KURAGE online , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.