KURAGE online | イラン の情報

KURAGE online | イラン の情報

「 イラン核合意 」 の情報 

王毅部長「湾岸地域の多国間対話メカニズム、3原則を堅持すべき」

イラン核合意の調印国と湾岸地域各国が当然の参加国であり、域外の他の国々も自らの理にかなった訴えを行い、地域の安全と安定の促進に積極的に

トランプ氏とバイデン氏、国際協定の考えどう違う

イラン核合意をオバマ氏が支持したことで、米国とイスラエルの関係は悪化した。イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相は同合意について、中東で

米国務長官、制裁警告

ポンペオ米国務長官は18日、声明を出し、イラン核合意に基づく対イラン武器禁輸の解除を認めず、イランへの兵器輸出などに関わった団体などに

イラン武器禁輸解除、代理勢力への武器供給加速も 米構築の「包囲網」に対抗

【カイロ=佐藤貴生】イラン核合意に基づく国連安全保障理事会の武器禁輸措置が期限切れを迎え、イランは戦闘機や戦車、ミサイル、大砲といった

米中戦争回避が最大の国益、「共通の価値観」に基づく同盟関係の嘘

... 環太平洋パートナーシップ協定)や、気候変動対策を定めた「パリ協定」、イランの核開発を規制する「イラン核合意」から相次いで離脱した。

人民網「米国式外交」三評(一) 国際ルールを踏みにじる「制裁外交」

イラン核合意からすでに離脱した米国は、全く法理を重んじず、国連や国際機関を尊重せず、国際ルールを「都合が良ければ用い、悪ければ棄てる」

「開くボタンに唾液」恐怖のコロナテロを画策する白人至上主義者たち

バイデン候補が勝利すると、対中国ではトランプ大統領同様に厳しい姿勢で臨むと言われているが、対イランでは2015年のイラン核合意に戻ることを

トランプ大統領の中東外交を、あえて評価したい理由

イラン核合意でリーダーシップをとったのが、アメリカのオマバ前大統領である。オバマ氏は大統領に就任した2009年に、プラハにおける演説で示した

国連の機能不全 原点に立ち返って結束を

イラン、親イスラエルの中東政策も自身の支持層を引きつけるためだろう。一方的に離脱したイラン核合意の規定を根拠に武器禁輸延長を求めた

米、新たな対イラン独自制裁を発表…ベネズエラ大統領も対象に

トランプ政権は19日、イラン核合意に絡む国連安全保障理事会決議で定められた制裁復活手続きに基づき、対イラン武器禁輸措置を含むイランへの

Copyright© KURAGE online | イラン の情報 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.